STAFF

スタッフ紹介

スタッフ紹介

MASANA OKUDA POLICY

選ばれるには、理由がある。

  • 税務チーム・労務チーム

奥田正名

代表
税理士
社会保険労務士

  • ザイムパートナーズに入社したきっかけ

    平成17年に個人事業を法人化して、税理士法人ザイムパートナーズを設立しました。法人化したきっかけは、お客様の大半が会社組織であるのに、自分が個人事業主では説得力がないと思ったからです。法人税を払ったことのない税理士、ヒトを採用したことのない社会保険労務士ではダメだと決意し、そこから、正社員の採用や銀行融資、納税などの会社が当たり前に経験することを積み重ねてきました。

    おかげさまで10年の節目を迎えることができ、現在は第二創業期と位置付けて、新たな取り組みをしています。

  • 現在、取り組んでいる業務 & 達成感を感じたエピソード

    実務的に役に立つコンテンツを書くことを継続しています。具体性のない・総論的な文章にならないことを心がけ、自分がスッキリしていないこと・曖昧になっていることへの答えを記して、結果的に、同じような疑問を持つ方の役に立てれば良いと考えています。お客様が、節税・労務のコンテンツを読んだことをきっかけに、関与させていただくことも増えてきました。自信のあるコンテンツを書き続けることが、お客様とザイムパートナーズとの出会いを作っていると感じています。深く掘り下げることは、ザイムパートナーズの個性でもあります。

  • 仕事とは?会社とは?(自分と仕事・ザイムパートナーズとの理想とする関係)

    私にとって仕事とは、仮説やアイデアを検証していく場です。答えを探すこと イコール 仕事 と考えています。自分一人ではなく、お客様やスタッフ・関係者と一緒に答えを見出すことを続けることが会社と自分の未来を担保すると確信しています。効果のある回答は一つとは限らないので、多様な価値観(考え方)を受け入れられる集団として機能することを、理想とする会社でありたいです。

  • 今後ザイムパートナーズでどんなことを実現したいか(会社と自分との未来のビジョン)

    生産性の高いヒトが集まる会社になる。端的にいえば、これに尽きます。プロフェッショナルな組織として世に認知され、スタッフが①会社の成長 ②自分の成長 ③それに伴う待遇の向上の3つを実感できる会社にしていきたいです。仕事の領域を限定せずに、これをやってみたら面白いと思えることを素直に実行してみる、トライアル型の会社でもありたいです。

  • 好きな言葉と、それに関する思い・エピソード

    「三度省みる」という言葉が好きです。がむしゃらに仕事をするだけでなく、敢えて歩みを止めて考える時間を作ることが、自分と会社の生存確率を高めていく気がしています。忘れてはいけない過ちを繰り返さないために、時には立ち止まるようにしています。スタッフは、「仕事もせずに、何を考えているのだろう?」と思っているのかもしれませんね。

  • 休日の過ごし方

    仕事のONとOFFの区別はしていません。ノートパソコンとアイフォンがあれば、どこでも仕事ができる時代なので、仕事をする場所と時間は限定していません。ワーカホリックな面があることも自覚していますので、それをスタッフに押し付けないように心がけてはいます。仕事したくない時は、1時間程度のジョギングをするか、ガンダムのプラモデルを作ったりもします。煮詰まると、ビジュアル系バンドのライブにも足を運びます。非日常な世界観をプロとして演じている彼らを観ると、モチベーションが上がります。日曜日の夜は、クックパッドを見ながら晩御飯を作りたがる傾向があります。

一日のタイムテーブル

6:00
起床
7:30
出社・仕事スタート メール返信・スタッフへの指示・やるべきタスクの確認
9:00
スタッフとミーティング
10:00
お客様と打ち合わせ
12:00
昼食&少しストレッチ
13:00
外出 お客様と打ち合わせ
16:00
HPコンテンツの作成および実務書のチェック
18:00
未完了タスクの整理・確認
19:00
帰社
21:00
晩酌&Amazonでショッピングタイム
23:00
就寝
PREV.

渡辺雅人

  • 税務チーム

チームリーダー

CONTACT

経営のこと、税務のこと、労務のこと、
お気軽にお問い合わせください。