tell-icon

フリーダイヤル※携帯電話からもOK!

0800-200-4121

お電話での受付時間は平日(月~金)の9:00~17:30となります。

頑張る会社をもっと強くする!節税ブログ

2015.12.16スタッフブログ節税

グループ法人に支払った業務委託料


国税不服審判所の裁決事例に、グループ会社への外注費を損金に認めず、 資金援助であると認定した事例がアップされています。
↓下記が要旨です。

請求人が損金の額に算入したグループ法人に対する業務委託料は、 当該グループ法人に対する資金援助を仮装して計上されたものであり、 対価性がなく寄附金の額に該当するとした事例(平成23年8月23日裁決)

要は、業務委託料(外注費)として、支払っていたけど業務委託の実態が なく、単なる資金補填(寄附金)として認定されたわけです。 グループ会社をいくつか所有するお客様から、業務委託料についての ご相談を受けますが、ポイントは2つあります。

(1)業務の提供がなされているか?
(2)業務の提供はなされているが、その対価は適正か?(高すぎないか?)


この2つがポイントであり、業務委託契約書の有無は二の次です。 「契約書があれば経費(損金)になるのでしょ?」 というご意見をいただくことがありますが、契約書など税務調査の現場では、大して 重視されません。問題の本質は、本当に業務提供がされているかです。 今回の裁決も(1)が焦点になっています。

本件では複数のグループ会社への業務委託料が 支給(実際にはグループ間の債権と相殺)されていますが、契約書への業務記載 内容は、下記のとおりです。

・委託内容は、営業に関する一切の業務とする。
・委託内容は、経理処理(伝票処理及びその他一般事務)及び営業に関する 一切の
 業務とする。

さて、上記の業務が行われていたかを判断する上で、国税不服審判所が提示を 要求した書類を追っていくと、出張報告書及び営業実績表というのが挙げられて います。営業を委託されたなら、どこへ営業に行ったのか?を確認したわけですね。 この書類は提示されなかったようです。

また、事務等委託契約に示された業務は請求人の従業員が行っており、受託会社 の従業員が行っている事実は認められず、請求人は、そもそも業務といえる内容 のものではない委託業務について本件事務等委託契約を締結し、また、委託業務 実施の有無にかかわらずに長年にわたり事務委託料の支払を続けていたとのことです。 詳細は裁決を読んでいただくとして、ポイントは契約書の有無ではなく、 実際の委託内容が履行されていたか、そこに尽きます。

実際に誰がいつやっていたのか?この事実を書面で立証できるレベルでないと 業務委託料の支払いは難しい
と思われます。


ザイパのスタッフ
BLOG

新着記事一覧

ブログカテゴリー一覧

代表ブログ一覧

スタッフブログ一覧

ブログ執筆者一覧

伊藤 真由美
伊藤 真由美まゆみのうるるんブログ
小島 静
小島 静しずかのきらきらブログ
岡田 誠二
岡田 誠二セイジのあげぽよブログ
奥田 正名
奥田 正名代表 奥田正名のイカしたBlog
ザイムパートナーズ
ザイムパートナーズ 名古屋の会社を強くする労務ブログ
ザイムパートナーズ
ザイムパートナーズ 頑張る会社をもっと強くする!節税ブログ
清水 晴香
清水 晴香ハルカのはるばるブログ
曽根原 華子
曽根原 華子ハナコのチュルルなブログ
鋤柄 光江
鋤柄 光江スッキーのブラバーなブログ
高木 舞
高木 舞マイのフレッシュなブログ
棚橋 朋香
棚橋 朋香スタッフトモカのソレイユなブログ
川崎 達也
川崎 達也スタッフ タツヤのロマンスなブログ
渡辺 雅人
渡辺 雅人マサトのクールなブログ
吉田 彩乃
吉田 彩乃アヤノのエレガンスなブログ
ザイムパートナーズ

経営のこと、税務のこと、労務のこと…そのお悩みや疑問の解決に、
ザイムパートナーズがあなたの力になります。お気軽にお問い合わせください。

tell-icon

 

052-223-1645

お電話での受付時間は平日(月~金)の9:00~17:30となります。

弊社では、毎月2回メールマガジン(クライアント・レターとクライアントレター・ミニ)を発行しています。経営者の判断に欠かせない財務・税務・労務等の最新情報をお送りしております。 単なる情報記事ではなく、より実践的な内容となっています。ぜひこの機会にお申込みください。セミナー等の最新情報もお届けしています。

PAGE TOP

Copyright © 2005-2017 Zaimu Partners. All Rights Reserved.