tell-icon

フリーダイヤル※携帯電話からもOK!

0800-200-4121

お電話での受付時間は平日(月~金)の9:00~17:30となります。

ご相談事例Case

労務の問題labor Problem

01
未払残業代があることを、社員から指摘されないうちに対策をしたい(業種;飲食業)
.

提案事例

労働基準監督署の調査があっても指摘を受けることがないような給与制度であること および 現状よりも人件費が過度に増えないようにしたいとの要望を受け、月間40時間の残業については固定残業手当で補てんし、その分基本給を減額改定することで現行の給与水準を維持したままで、40時間までの残業については労働基準法上の問題がない設定をしました。その後、社員の時間管理を見直し、ダラダラと残業する社員には注意を促していただくことで残業時間そのものを減らすこともできました。

.

解決へのアクション

基本給を、新基本給+一定時間分の固定残業手当の内訳に分解し、一定時間を超えた分の残業代は 正しく支払う給与制度を導入しました。
02
社員評価制度の導入と、導入費用を助成金で補てん(業種;介護事業)
.

提案事例

基本給に連動する賞与では、能力が低くとも勤続の長いスタッフだと賞与が高くなってしまいます。 それを防ぐため、お客様が重視する社員の能力をヒアリングし、その能力が高いと認められる行動が できたスタッフにはポイントを付与し、ポイント数が高いほどもらえる賞与も高くなる制度を導入 しました。さらに、評価制度を構築するのに必要なコンサルタント費用を助成金で補てんすることで お客様の費用負担を最小限に抑えました。

.

解決へのアクション

介護スタッフに、能力評価に応じた業績賞与を支給したいという要望をいただきました。そこで 人事考課制度を導入し、各スタッフに評価ポイントを付与し、そのポイントが多いほど賞与が高くなる制度を導入しました。

その他のご相談事例

ザイムパートナーズ

経営のこと、税務のこと、労務のこと…そのお悩みや疑問の解決に、
ザイムパートナーズがあなたの力になります。お気軽にお問い合わせください。

tell-icon

 

052-223-1645

お電話での受付時間は平日(月~金)の9:00~17:30となります。

弊社では、毎月2回メールマガジン(クライアント・レターとクライアントレター・ミニ)を発行しています。経営者の判断に欠かせない財務・税務・労務等の最新情報をお送りしております。 単なる情報記事ではなく、より実践的な内容となっています。ぜひこの機会にお申込みください。セミナー等の最新情報もお届けしています。

PAGE TOP

Copyright © 2005-2017 Zaimu Partners. All Rights Reserved.