tell-icon

フリーダイヤル※携帯電話からもOK!

0800-200-4121

お電話での受付時間は平日(月~金)の9:00~17:30となります。

お客様の声User’s Voice

有限会社 博伸樹脂工業様

-

業種 プラスチック加工業利用サービス税務顧問・社労士顧問

20年以上続いてきた会社を、親族外の事業承継で引継ぎ、別の会社ではないかと感じさせるほどに、財務体質を改善されてきました。しっかり守って確実に攻める、ワイルドなルックス(?)とは裏腹に、慎重な経営を貫いているところが魅力的なお客様です。

「話の合うヒトと一緒にやっていきたい」相談しやすい、パートナー的な税理士事務所を探していた。

渡辺雅人 ご縁をいただいてから5年ほどになります。高松社長さんが、前社長から会社を引き継いで間もない頃の出会いだったと記憶しています。その後会社は順調に成長し、関与2年目での  税務調査も難なくクリアされていて、財務内容の健全化が進んでいます。改めて、当時のこと・現在のことをお話しいただけないでしょうか。先ずは、弊社との出会いの経緯は、どんな感じだったのでしょうか? 

高松社長様 前社長から、会社を引き継いだ頃は、経営のことは全く分からなくて手探り状態でした。当時の税理士さんともいろんな相談はしていたのですが、本当に聞きたいことがあっても、「それは、もっと勉強してくださいね」みたいな感じでスルーされてしまい、相談がしづらいというのが正直ありました。 当時は、きっとド素人的な質問もしていたと思うのですが(笑)、それも含めて受け入れてくれる税理士事務所でないと難しいかな?と思い、新たに税理士を探してみようと思いました。社会保険労務士事務所も同じですが、事務所の意向にとにかく合わせてほしいという関与スタイルで、「なぜ、それをしなくてはいけないのか?」という説明もないままに、手続きだけが進んでいくという感じでジレンマを感じていました。 自分が良いと思えることを、一緒に進めていけるパートナー的なヒトを求めていた頃でした。ぶっちゃけていえば、「話の合うヒトと一緒にやっていきたい」ということです。押し付けられた感がつらかったです(苦笑)幸い、前代表も税理士・社会保険労務士事務所を変更することに何も文句は言わないヒトでしたので。  

渡辺雅人 もともとは一社員で、前社長のご親族でもない高松社長さんですが、敢えて独立せずに、現在の会社を引き継いだのはなぜですか?  

高松社長様 独立したいと考えていたのですが、そのときに、今も頑張ってくれている社員から一緒にやりたい・ついていきたいと言ってもらえたので、それなら独立するよりも、そのままの形で、経営のスタイルだけ変えていけば良いと思ったからです。みんなとの共存を優先した結果ですね。前社長にそのことを伝えたら、気持ちよく納得してもらえました。もちろん、借入も引き継いで前社長や当時のお客様に迷惑をかけない形でやっていきたいと思ったことも大きいです。 自分一人で会社って成立するものじゃないので、独立というある意味身勝手なスタイルよりも、関わっている人たちとの関係性を大事にしながら、今の会社を変えていきたいと考えていました。会社を理解してくれる人を増やしていくことが、会社経営において大事なことだと最近はつくづく思いますね。  

渡辺雅人 実際、社長になってみて、気づいたことってありましたか?  

高松社長様 税務や労務はもちろん、経営の仕方も全く分からない中で、がむしゃらに仕事だけしていた自分でしたが、最近では、少しずつだけど経営が見えてきた感があります。これでいいのか?という怖れや迷いはありましたが、自分で勉強しつつ、ザイムさんとも話をしていくなかで、こうしていけば会社は良くなるあっちにいくとダメになるというのが、この5年間で分かるようになってきましたね。 前代表が経営していた時代は、今と環境も違っていたし、その時代のやり方としては合っていたのだろうけど、自分が同じやり方でやっていたら今の会社はなかっただろうと思います。 

渡辺雅人 昔は、支払の前日の夜に「お金が足りない」みたいな連絡をいただいたこともありましたね。返済をしっかりしているのに更に、それ以上の金額の定期預金を毎月積み立てていて、無駄遣いしているわけじゃいないのになぜか手元資金が足りない、という今となっては笑い話ですが、そういうこともいっぱいありましたね。  

高松社長様 本来は、そういうお金を管理する人が社内にいないといけないのだけど、そこをザイムさんがカバーしてくれたことで、目の前の自分がやるべき仕事に専念できたし、業績も改善できました。経験もないなかで、経理業務をずっと支えてくれていた女性社員からすれば、当時の資金繰りは本当に不安だっただろうし、迷惑をかけたこともあったと思います。一方で、その経験が今はとても活きていると感じています。 おかげさまで、いろいろ厳しい意見もビシッと言ってくれる社員に成長しています(苦笑)。 知らないことが分かるようになったことで自信が持てるようになったのでしょうね。仮に彼女が、他の会社で経理の仕事をすることがあっても、現職の人よりも良い仕事ができるレベルになっていると思います。  

渡辺雅人 あんなに頑張る社員さんは、本当に珍しいですよ。今でもそうですが、経理のお仕事だけをしていたわけじゃなかったですよね。  

高松社長様 ザイムさんと同じく、会社にとって無くてはならない存在になっています。分からないことだらけだったのが、分かるようになってきている。仮に会社の業績が悪くなったとしても、そのときも必要なアドバイスをしてくれるだろうし、信頼関係ができてきていると思います。少し話はそれますが、会社は信頼関係があるなかで成立するのでしょうね。  

渡辺雅人 社長さんと社員さんとの今後の関係も含めて、社長さんがやりたいことを実現できるようなアドバイスができれば嬉しいです。社長さんは決断が早いので、良いと思われたことは直ぐに行動に移してくれますよね? 以前、残業問題を解決する給与設計について提案したことがあります。この論点は、なかなか解決に向かわないことが多く、2・3年提案し続けても何も進まないというお客様も正直いらっしゃいます。ナーバスな論点なので、決め切れないお客様も多いのが現実ではありますが、社長さんは、いろんなことをドンドン決めていきますよね?  

高松社長様 社員も、残業時間のことはやはり気にしていましたし、制度について話す機会もできて良かったといってくれています。社員も好きで残業しているわけではないし、早く帰れるときは帰れた方が良いでしょう。 いろいろ曖昧になっていた部分が、うちの会社ではこうやっていくよとスッキリさせることができたことで、逆に時間を気にせずに、安心して仕事ができるようになった気もします。

 渡辺雅人 法律上の問題をクリアするのはもちろんですが、経営者がこう考えている、こんな風に進めていきたいという思いを社員に分かってもらうという気持ちがあったうえで、社内制度を変えていくというのは、納得性も高いし、労務管理上のリスクも減るので良いと思います。  

高松社長様 制度を管理する仕組みそのものも、誰かが管理している。目に見えないけど、誰かはやっている。その管理にかかる時間を減らしてあげた方が絶対にいいし、協力してほしいという話をしました。余計な仕事をしなくても済む方が絶対に楽だし、違う取り組みにもチャレンジできるだろうし、会社としてはやってみてよかったと思います。  

渡辺雅人 話は変わりますが、税務調査が3年ほど前にありました。社長さんとしては初めての体験でしたが、感想を教えてください。  

高松社長様 何も悪いことはしていないし(笑)、ザイムさんもキチンと対応してくれる、と言ってくれた時点で安心感がありました。経理を任せている社員の、日々の真面目な仕事ぶりも見ていますし、税務調査は自分には関係がないことだと勘違いできるぐらい安心していましたね。税務調査が来ない方が逆に怖いぐらいだったので、来てくれて良かったです。 税務調査のときも調査官の横で、普通に仕事していましたね。気にもしてなかったです(笑)

 渡辺雅人 会社を引き継がれた頃って、正直、財務内容も良いとはいえない時期でした。今は劇的に財務内容も向上しましたが、あの頃は苦労も多かったと思います。ここまで改善できた理由って教えてもらえないですか?

 高松社長様 言えることは、地道な積み重ね。少しずつだけど努力の継続をしてきたことかな。あと出会った人の層が良かった。右も左も分からず、がむしゃらに仕事をするしかない状態で、お客さんやザイムさんのような外部の方の理解をもらえたのは運が良かった。出会いが上手くできてなかったら、いろんなことは杜撰になっていただろうし、苦しんでいたのではないかと思います。ヒトとの巡りあわせが良かったことで、少しずつ良い方向に向かえたのだと思います。  

渡辺雅人 業績を上げるのは社長さんの手腕ですが、その結果である財務を支えるお手伝いができればなと思います。ボク個人としては、御社に出資したいくらいですよ!御社と資本関係を結びたい会社も多いと思います。今後も将来やりたいことなどがあれば、気軽に声をかけてくださると嬉しいです。  

高松社長様 大きな会社でいえば、総務部が会社管理の心臓部なのでしょうが、ザイムさんが心臓部分の役割をしてくれています。いくら仕事がたくさんあっても、財務体質がいい加減だったら会社は成り立たないし、崩れてしまう。経営を一緒に手伝ってくれるパートナーがいないと会社って成立しないと思っています。  

渡辺雅人 そこまで褒められたら、頑張るしかないです!ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

インタビュー日時/2015.09.25

ザイムパートナーズ

経営のこと、税務のこと、労務のこと…そのお悩みや疑問の解決に、
ザイムパートナーズがあなたの力になります。お気軽にお問い合わせください。

tell-icon

 

052-223-1645

お電話での受付時間は平日(月~金)の9:00~17:30となります。

弊社では、毎月2回メールマガジン(クライアント・レターとクライアントレター・ミニ)を発行しています。経営者の判断に欠かせない財務・税務・労務等の最新情報をお送りしております。 単なる情報記事ではなく、より実践的な内容となっています。ぜひこの機会にお申込みください。セミナー等の最新情報もお届けしています。

PAGE TOP

Copyright © 2005-2017 Zaimu Partners. All Rights Reserved.