tell-icon

フリーダイヤル※携帯電話からもOK!

0800-200-4121

お電話での受付時間は平日(月~金)の9:00~17:30となります。

頑張る会社をもっと強くする!節税ブログ

2017.08.25スタッフブログ節税

給与計算の方法 ~源泉所得税、差引支給額編~


ザイムパートナーズの川崎タツヤです。

前回の【給与計算の方法 ~雇用保険料編~】に続き、③源泉所得税、差引支給額編を紹介します。

◆源泉所得税とは

 源泉徴収(天引き)すべき所得税のことをいいます。
 会社は、従業員に給料を払う際、所得税を天引きし、原則、翌月10日までにその所得税を納税しなくてはなりません。

◆源泉所得税の計算方法

 国税庁より公表される、「給与所得の源泉徴収税額表(月額表)」を使って計算します。
 (毎年公表されるものなので、年度に注意してください。)

 この表の上段には、「甲」「乙」の区分があります。

 2か所以上から給与をもらっていて、かつ、「給与所得者の扶養控除等申告書」の提出がない従業員以外は、基本的には「甲」欄をみて計算します。

 下記の式で算出した金額が、表の1番左側の「その月の社会保険料等控除後の金額」のどの範囲内か確認します。

総支給額(基本給・手当) - 非課税手当(通勤費等) - 社会保険料(健康保険・厚生年金・雇用保険)
= その月の社会保険料等控除後の金額

 続いて、該当の「扶養親族等の数」の列を確認すると税額が確認できます。

 例えば、甲欄の「その月の社会保険料等控除後の金額」350,000円、扶養2名であれば、源泉所得税は7,210円となります。

 2か所以上から給与をもらっている場合でも、メインの会社からの給与金額で取扱いは変わるため、下のフローチャートを参考にしてもらえればと思います。


(*1) A < B のときYes
A=給与総額-給与所得控除-社会保険料-小規模企業共済
B=適用される配偶者控除額、扶養控除額、障害者控除額、 寡婦(寡夫)控除額、勤労学生控除額及び基礎控除額の合計額


 実務では、フローチャートの③のケースは稀です。2か所以上から給与がある場合は、②のケースがほとんどで、最終的には確定申告が必要となります。

◆差引支給額の計算方法

 前回前々回のスタッフブログと、今回の源泉所得税の内容をまとめることで、差引支給額を下記の計算式で算出できます。

総支給額(基本給・手当)  - 社会保険料(健康保険・厚生年金・雇用保険)-源泉所得税=差引支給額

給与計算は所得税、社会保険について、注意すべき点が多数あります。
ご自身で計算の際は、ご紹介の内容を踏まえて計算していただければと思います。


ザイパのスタッフ
BLOG

新着記事一覧

ブログカテゴリー一覧

代表ブログ一覧

スタッフブログ一覧

ブログ執筆者一覧

伊藤 真由美
伊藤 真由美まゆみのうるるんブログ
小島 静
小島 静しずかのきらきらブログ
岡田 誠二
岡田 誠二セイジのあげぽよブログ
奥田 正名
奥田 正名代表 奥田正名のイカしたBlog
ザイムパートナーズ
ザイムパートナーズ 名古屋の会社を強くする労務ブログ
ザイムパートナーズ
ザイムパートナーズ 頑張る会社をもっと強くする!節税ブログ
清水 晴香
清水 晴香ハルカのはるばるブログ
曽根原 華子
曽根原 華子ハナコのチュルルなブログ
鋤柄 光江
鋤柄 光江スッキーのブラバーなブログ
高木 舞
高木 舞マイのフレッシュなブログ
棚橋 朋香
棚橋 朋香スタッフトモカのソレイユなブログ
川崎 達也
川崎 達也スタッフ タツヤのロマンスなブログ
渡辺 雅人
渡辺 雅人マサトのクールなブログ
吉田 彩乃
吉田 彩乃アヤノのエレガンスなブログ
ザイムパートナーズ

経営のこと、税務のこと、労務のこと…そのお悩みや疑問の解決に、
ザイムパートナーズがあなたの力になります。お気軽にお問い合わせください。

tell-icon

 

052-223-1645

お電話での受付時間は平日(月~金)の9:00~17:30となります。

弊社では、毎月2回メールマガジン(クライアント・レターとクライアントレター・ミニ)を発行しています。経営者の判断に欠かせない財務・税務・労務等の最新情報をお送りしております。 単なる情報記事ではなく、より実践的な内容となっています。ぜひこの機会にお申込みください。セミナー等の最新情報もお届けしています。

PAGE TOP

Copyright © 2005-2017 Zaimu Partners. All Rights Reserved.