tell-icon

フリーダイヤル※携帯電話からもOK!

0800-200-4121

お電話での受付時間は平日(月~金)の9:00~17:30となります。

頑張る会社をもっと強くする!節税ブログ

2016.05.30スタッフブログ動画, 節税

節税動画6~年収1千万円以上の人は、今年も来年も自動で増税。


◆ 給与所得控除の減額は、毎年続いている

社長も社員もアルバイトも、いわゆる『給与』で生計を立てている人は、その給与に所得税が課されます(正確には住民税も、ですね)。

ただし、給与の金額満額が課税対象となるわけではありません。サラリーマンでも仕事をする上で、背広などの支出はかかるので、その分を補てんできるように、給与のうち一定の金額は、非課税となります(最低65万円は非課税となります)。

この、非課税となる一定金額のことを、給与所得控除といいます。最低65万円で、給与の収入に応じて金額は増えていきますが、平成28年度においては、年収1200万円超の人は、一律給与所得控除は230万円で頭打ちとなります。年収1億円でも、年収1200万円でも給与所得控除は230万円となります。

この給与所得控除の金額は、実は減少していくことが決まっています。非課税部分の減少
イコール 増税 となるわけです。具体的には下記のように推移しています。給与所得控除は、平成29年には年収1千万円超だと220万円が上限Maxとなります。

平成25年  245万円

平成26年  245万円

平成27年  245万円

平成28年  230万円

平成29年  220万円

◆この増税を回避する策はあるのか?

給与所得者は、自営業者と異なり、経費の増減で所得が変わるということはありません。年収が決まれば、自動的に給与所得控除が決まり、課税所得が自動計算されます(給与所得そのものの調整はできない)

年収1千万円以上の人は、稼げば稼ぐほど、増えた年収にダイレクトに課税されることになります。これを回避する方法としては、下記の2つが考えられます。

①確定拠出年金や小規模企業共済など、いつか自分に戻ってくるもので所得控除の対象となる
ものに加入。

②会社経営者であれば、同族役員(配偶者など)の給与を増やし、自分は減らす。

①は、掛け金としてお金は流出するものの、いずれ(確定拠出年金であれば60歳以上で)返還されますので、リスク商品を選ばない限りは損をすることは考えにくく、かつ払った金額だけ給与所得を減らすことができます。

②は、同族役員が働きぶりに対して給与が低いというときは、一考の余地があるでしょう。いわゆる所得分散ですね。同じ1千万円でも、一人でもらうのと2人で分けてもらうのでは、税負担は変わってくるわけです。

もちろん、勤務実態がないのに、給与を支払うことはNGですのでご注意を・・・。
(当たり前ではありますが、念のため)


ザイパのスタッフ
BLOG

新着記事一覧

ブログカテゴリー一覧

代表ブログ一覧

スタッフブログ一覧

ブログ執筆者一覧

伊藤 真由美
伊藤 真由美まゆみのうるるんブログ
小島 静
小島 静しずかのきらきらブログ
奥田 正名
奥田 正名代表 奥田正名のイカしたBlog
ザイムパートナーズ
ザイムパートナーズ 名古屋の会社を強くする労務ブログ
ザイムパートナーズ
ザイムパートナーズ 頑張る会社をもっと強くする!節税ブログ
清水 晴香
清水 晴香ハルカのはるばるブログ
曽根原 華子
曽根原 華子ハナコのチュルルなブログ
高木 舞
高木 舞マイのフレッシュなブログ
棚橋 朋香
棚橋 朋香スタッフトモカのソレイユなブログ
川崎 達也
川崎 達也スタッフ タツヤのロマンスなブログ
渡辺 雅人
渡辺 雅人マサトのクールなブログ
吉田 彩乃
吉田 彩乃アヤノのエレガンスなブログ
ザイムパートナーズ

経営のこと、税務のこと、労務のこと…そのお悩みや疑問の解決に、
ザイムパートナーズがあなたの力になります。お気軽にお問い合わせください。

tell-icon

 

052-223-1645

お電話での受付時間は平日(月~金)の9:00~17:30となります。

弊社では、毎月2回メールマガジン(クライアント・レターとクライアントレター・ミニ)を発行しています。経営者の判断に欠かせない財務・税務・労務等の最新情報をお送りしております。 単なる情報記事ではなく、より実践的な内容となっています。ぜひこの機会にお申込みください。セミナー等の最新情報もお届けしています。

PAGE TOP

Copyright © 2005-2017 Zaimu Partners. All Rights Reserved.